RagnarokTacticsの世界観は?

RagnarokTacticsの世界観は?

RagnarokTacticsの世界観は?
やはり、北米版のゲームのため、どうしても、
英語での解説となっているためにわかりづらいです。

 

オリジナルの世界観はこちらになります。
This game worldview is this.

 

Early in the history of the Grantria Peninsula, the land was divided up amongst countless warring tribes with no one tribe possessing enough strength to dominate their opponents.

 

However, with the arrival of the progenitors of the Branshaldo Empire, the original tribes of the peninsula banded together into a confederation of states known as the Aura Republic. As of now there is an uneasy truce between the two nations, although it would take only the smallest of nudges to push them back into conflict.

 

In addition to the two nations mentioned, there is a third force with considerable influence amongst the downtrodden proletariat; the Toren Militia, who serve as an independent police force of sorts, protecting ordinary people from bandits and monsters.

 

近いうち、Grantria半島の歴史についてですが、色々な種族との間で戦争が起こったのだが、島?土地は分配されなかった?
それらの相手を支配するために十分な力を所有している種族?
しかし、Branshaldo帝国の祖先の到着により、半島に元からいた種族は、
オーラ共和国として知られている州の連合に一緒に団結した。
現在は、2つの国の間にいつ戦争が再び起こるかわからない状態である停戦状態であるけれども
再び戦争になりそうな感じに少しずつ近づいていったようである。
これらの2つの国家に加えて、圧政に苦しんでいるプロレタリア階級の
かなりの影響を持つ第三勢力がある
それはToren民兵組織 山賊とモンスターからの保護普通の人々?

 

という、なんともよくわからないかんじでありました。
ゲーム独特の固有名詞が出てきたりするために難しいです。