Story-RagnarokTacticsのストーリーはどんな感じ?

Story-RagnarokTacticsのストーリーはどんな感じ?

公式サイトによる、ストーリー紹介は以下の通りです。

Long ago, a ferocious war, which came to be known as the Holy War, was waged. It was during this bloody conflict that humanity erected a magical barrier to keep both gods and demons from overrunning their world. Once the war was over, it was believed that peace would return. However, humanity soon began to turn on itself, and war began anew.

 

Many centuries after the Holy War, the Branshaldo Empire and the Aura Republic engaged in an extended war for control of the Grantria Peninsula. The conflict eventually ground to a halt and an uneasy truce was reached, as neither nation had the resources to continue fighting. Even so, the animosity between the two parties never faded, but smoldered beneath the surface, always threatening to explode into flames.

 

In the resulting tenuous peace, the people of the peninsula began to resume their normal lives, always aware that the war could resume at any time. It was against this backdrop that the protagonist begins their fight against rival factions, hordes of ravening monsters controlled by enigmatic puppet masters, and even their own dark impulses…

 

日本語でのストーリーは、大昔、激しい聖戦が起こり、
人間は、神と悪魔それらの激しい戦いの際、不思議な障壁・バリア?を作ったそうです。
戦いは終わり、平和が戻ると思われたのであるが、人間は、人間同士と戦い合い、
再び戦乱の世となった。

 

聖戦、ブランシャルド帝国、オーラ共和国の後の、グラントリア半島を制圧下に
するために争ったようである。
戦いは、なかなかおわらず、それぞれ資源などが底をつき、停戦となった。
ただ、憎しみあいは続いていた。いつ再び戦い合いとなるかわからなかったのだ。

 

結局、薄っぺらい平和ができたのであるが、人々は生活を取り戻し始める。
また、いつでも戦いがおきるかもしれないことを知っている。

 

主人公は、これらの戦い合う派閥や、不可解な操り人形のマスターや、
それらにより操られている悪い魔物や怪物たちとの戦いを始めるのであった。

 

と、正直な所、よくわからないです。